2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
Baltimore Country Club


バルチモア ゴルフカントリーには
グレイストーンコース、フォックス ホロー コース、
ダイアモンドリッジコース、ザ・ウッドランズコース、ロッキーポイントコース
があります。

グレイストーンコースは傑作と言えるコースレイアウトで、
挑戦的でありながらも十分楽しむことが出来るコースです。
かつてドラルリゾートでブルーモンスターと言われ、
ウォルト・ディズニーワールドコースを設計した、
ゴルフ建築家ジョー・リーによってデザインされました。

18ホールのグレイストーンは、6925ヤード、パー72の
1997年にオープンしたコースで、
高低差の変化と7つの池、80を超えるバンカーが
グレイストーンコースの大きな特徴です。
高い広葉樹が立ち並び、湿原や天然の植物が
たくさん組み込まれた、自然あふれるコースです。
グリーンとフェアウェイ全てにベント芝を使用しており、
常に最高のコンディションが保たれています。
ローカルではあるが、ジョー・リーの傑作コースのひとつです。

フォックス ホロー コースは1964年にオープンした18ホールのパブリックゴルフです。

6129ヤード、パー71でエド・オールトによってデザインされました。
4種類の異なったティーを使うことが出来、全てのレベルのプレイヤーが楽しむことが出来ます。

グリーンにはベント芝を使用しています。
実は元々はエド・オールトによってデザインされたものですが、
後半の9ホールはビル・ラブによってデザインし直されています。

フォックス ホロー コースは
ホール全体によってプレイヤーの力量が図られるようなコースで
また、練習場も隣接している。

ダイアモンドリッジコースは7014ヤード、パー71の18ホールコースで、
ゴルフのベストコンディションとも言える草木の茂るフェアウェイと緩やかな地形になっています。

地元のゴルファーたちに30年を超えて愛され続けてきました。
元々は伝説のゴルファーエド・オールトによってデザインされましたが、
1997年に修復工事され、全てのグリーン、フェアウェイ、バンカーを一新しました。

前半9ホールは自然あふれるコース設計。
前半と後半のホールには大きな違いがあるものの、どちらも巨大なフェアウェイがある
ことが大きな特徴です。
また、改装工事の際に10番ホールと12番ホールの近くにはゴルフ練習場を作りました。
ローカルではあるが、地元愛あふれるコースです。

ウッドランズゴルフコースは広葉樹が立ち並び、青々と茂るベント芝を使用した
大きなフェアウェイを囲んでおり、グリーンは起伏のある作りになっているのが大きな特徴です。

ゴルフコースデザイナーのリンドセイ・アービンによってデザインされ、1998年にオープンしました。

アービンはウッドランズゴルフコースを「自分自身が手がけたゴルフコースの中でも
最高の仕上がりである」と称しています。

ワシントンゴルフ月刊誌は「バルチモア地域の中で最も優れたコースである」と言い、
ゴルフダイジェスト誌はウッドランズゴルフコースに星4つを与えました。

グリーンやフェアウェイの芝は常に最高のコンディションになっており、
グリーンはバルチモア・ワシントンエリアの中でも最もユニークなものであると言えるでしょう。

ロッキーポイントコースは巧みに設計されたゴルフコースで1971年にオープンしました。
全てのプレイヤーが楽しめるコースですが、挑戦的なコースでもあります。

6750ヤードという、比較的短いコースではあるが、馬鹿にしてはいけません。
ロッキーポイントコースをデザインしたロバーツは、この6750ヤードのコースの中に
トリップと難易度をさらに加えました。
前半9ホールと後半9ホールはウォーターハザードと木々が立ち並ぶ
フェアウェイの影響で狭くなっています。
グリーンは大きく魅力的ですが、
見かけとは違い、起伏があり、バンカーが戦略的に配置されています。

また、10番ホールと11番ホールではチェサピーク湾が見えてきて、
暑い日でも、チェサピーク湾から心地よい風が吹いてくるため、
気持ち良くプレイできるのも特徴です。

お問い合わせ先
Golf Tour USA
TEL 03-4578-0080(日本直通)
Mail info@golftourusa.com

<<参考映像>>

Happy Birthday BCC


Aerial Film of the Baltimore Country Club's Championship East Course
スポンサーサイト
管理者にのみ表示する

TrackBackURL
→http://golftourusa.blog.fc2.com/tb.php/33-3379701f